私は、保険会社の営業マンで社会人をスタートし、生保営業管理職として、つぶれない会社へ入社。
   全国津々浦々転勤し、生損垣根がなくなり、いつの間にか損保営業経験を積み保険専門の人材コンサルタントとして転職。
10年目にして当社へご縁があって最後の転職。

   保険といえば昔は、死亡保障で受け取らないなら満期保険金での豊かな老後への対応。変額保険で一攫千金などのお話が中心であったような気がします。
どうなるだろうと思いつつネット系の安い保険が流行りだし逆ザヤと利益がうすくなる中、会社統合が増加してリストラ波...。
   そして、怖いものの変化!!!地震、台風、火事、おやじであったが...地震、台風、リストラへ。それに自然環境の変化!!!夏は暑く、冬は寒く、台風はたくさん大型化。

   富士山爆発の懸念。南海トラフ地震と心配事だらけになっています。火災保険、車の保険も料率変更、自転車保険が増加中。(電気自動車は何保険?)
現在では、中途採用業務に加えてどんな時、どんな保険にいつ入ればいいのだろうか?保険業界に特化した人材コンサルタントとしては「加入アドバイス業務」もニーズがあるかもしれないと思うこのごろでもあります。
   自然災害増加の近頃、今後の災害対応、老後の対応、強い政治が行われているように見えても、本当に必要なのは、強い我が家の絆が大事だと思う今日この頃であります。
どうか戦争、変乱保険が発売になりませんようにと祈ってやみません。

   そこで、今後、医師、アンダーライター、アクチュアリー、商品開発業務等専門職の仕事が一段と重要になると思います。どうしたら対応できるか...それぞれのキャリアはどう構築するか...保険業界専門の当社へ相談しませんか?
人の動きの少ない現状。今後のキャリアと市場の変化の情報交換を致しましょう。
ぜひお酒でも飲みながら、そして業界の明日を考えましょう...
「異業種交流会(神田会)」開催します。当社医長、チーフアンダーライターと保険業界の明日を考えましょう。

詳細、転職相談は、HP経由森田までお気軽にどうぞ。